2012年10月23日

パワフルだけどかなしい 草間彌生さんをみる

20121019_175157


銀座松屋ルイヴィトンのショウウィンドウです。
今、草間彌生さんとコラボしたバックが販売されていますね。

松本市生まれの草間彌生さんの展覧会に行ってきました。

20121023_120037


実は私は草間彌生さんて名前しか知らなくてですね。
長野に住んで、初めて水玉の人と知ったのですよ。

ポップで明るくて楽しくなる印象ですよね。

でも、今日知ったのですが

草間さんは小さな頃から幻覚と幻聴に悩まされ
その世界を描き続けた人なんですね。

小さな頃に描いたお母さんの肖像画にも点々が描かれています。

若い頃の作品には「網目模様」を一面に描いたものも…
この網目模様の空いてるところが
水玉模様に繋がったそうです。

20121023_123424


どの絵も迷ったり、悩んだりした感じがなく、
いっきに描き上げています。
一心不乱に描いているのだと感じます。

なんというか、勢いとか力強さとか感じます。

幻覚で見えているものを描いてるのかな?


などなど考えていたら なんだかとっても悲しくなってしまいました。

幻覚でずっとずっとこんな不思議なものが見え続けたら
辛いだろうな。

音声ガイドも借りました。
草間さんには「青春」がなかったそうです。
きっと若くて何もかもが楽しい年頃に
幻覚で悩まれていたのでしょうか?

青春なんてこっぱずかしい言葉ですが
学生の頃は
くっだらないことで悩んだり
大いにはしゃいだり
そんな時季がなかったなんて かわいそう。

いつも視界に網がかかっていたらと
想像すると とても辛い。

草間さんの小さな頃に描いた絵もとっても上手です。
生まれながら才能があったのでしょう。

家庭環境が精神に影響したということです。

苦しみ、悩み 今もパワフルに制作し続けている草間さんは
強い人だなぁと思います。

可愛い作品がとても重たい強い作品に印象が変わりました。

強くてパワフルである意味カッコいい。
でも悲しいし辛い。

考えるとすごく辛い。

草間さんの作品で元気になり、悲しくなった1日であります。
20121023_120032









imoimo3733 at 23:16│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔