2012年07月31日

奇跡のような猿翁さんの舞台

27日に新橋演舞場に行きました。
七月大歌舞伎を観劇しました。

歌舞伎に出掛けはじめてから
20数年。猿翁さん当時の三代目猿之助さんの舞台は必ず出掛けました。

20代の頃の私はくたくたと言うより、ボロボロに疲れていました。
家族、親戚、友達が手をさしのべて助け出してくれようとしていましたが
ご本人さんのやるきが無くて
大きな暗い穴に落ちたまま生きていました。

そんな頃に三代目猿之助さんの舞台を拝見したのです。

あまり大きくない三代目が舞台を動き回り、
汗だくで演じます。
張りのある声。きらきらした目。
切れのある動き。
爽快でした。

歌舞伎座を出る時には
「よし!頑張ろう!」と思うのです。

働いていましたから、
観劇は週末です。三階の安い席に
朝もはよから、グダグダ出掛けます。
半分寝てます。

三代目が舞台に登場します。

時には明るく甲高いこえで、時には暗く低い声で第一声を発します。

その瞬間に私は覚醒して、パワー充填されました。
きんちゃんの仮装大賞で一気に満点が出るみたいな感じです。

目の前は明るくなり、何もかもはっきりとクリアに見えてくるのです。

観劇の後は足取りも軽く…

三代目の舞台に通ううちに
私は大きな穴から脱出していました。

そんな三代目の舞台が見られなくなって8年。

もう、演技指導のみされるのかと
仕方ないか。しょうがないのかな。と思っておりました。

そんな三代目、現在の猿翁さんの舞台を拝見しました。
拝見することができました!

第一声を聞いて、涙がボロボロでした。
大袈裟でもなんでもなく、
私を助け出してくれた三代目の声でした。

どんな体調であろうと
凄いオーラ。相変わらずのパワーでした。

夢の様です。奇跡かと思いました。

猿翁さんはやっぱり舞台が似合います。

またいつか舞台に立ってください。
いつまでも観る人にパワーを与えてください。

と垂れ幕でも作って行けば良かったです。

願っていれば夢がかなうとオリンピックメダリストが今日言っていました。

私も願ってましたよ!三代目の舞台復帰!
叶いました!






imoimo3733 at 23:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔