2012年06月25日

若者について語る

先日実家の用事で東京とんぼ返りした日

談合坂のスタバで「スタバも飽きた。何かカスタマイズしたい」とぼやくと
抹茶フラペチーノにショット追加美味しいですよ!と教わりました。

ラゾーナのHMVでボビーウーマックの新譜かつ輸入盤はないか?を尋ねたら
お兄さんが時間をかけて調べてくれて、
「ちょうど今日入荷しています。ちょっと待っててください」とバックヤードから探してきてくれました。

蒲田麦とろ茶屋のお姉さん。
帰りにぬれおかきを2つ買おうとすると、
「賞味期限短いですけど、いいですか?」と教えてくれました。

あぁ年寄りに優しい若者…嬉しい限りです。


長野って若い店員は概ね無愛想…にしか見えません。
地元のラジオなんかは「長野県人はシャイ」と言いますが…
若い店員は「感じわる」ってのが多いです。

コンビニの若いバイトは町から離れる距離に比例してどんどん感じわるになります。
昭和のコンビニ店員を思い出します。
あぁ 懐かしい。

スタバやHMVや麦とろ茶屋の若者のような
親切感はありません。

ですが、少しずつ仲良くなると
この長野の若者は礼儀正しく、とても優しいのです。
相変わらず無愛想ではあるのですが…
きちんと「ありがとう」や「ごちそうさま」が言えて、道も譲れるし、無愛想ですけどね

やっぱりシャイなのか?
損じゃないか?

長野のもっと若者の小学生たちは
横断歩道を渡るときに、クルマ止めて待っていると、きいろいぼうしを脱いで会釈して
しかも走って渡っていくんですよ!!

長野の若者凄いでしよ!

感心します。


でも若い
店員は感じわる。





この犬たちもいつもカメラ無視で感じわる。



imoimo3733 at 14:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔